オフィス移転費用

高額な初期費用

「事業拡大とともに今よりも大きなオフィスに移転したい」・「立地条件のいいオフィスを見つけた」などオフィス移転を考えている。
でも、移転となるとそれなりに費用が掛かってきますよね。

移転先の敷金・礼金・保証金

内装・設備工事費用

家具・什器・OA機器の調達費

引越に必要な費用

現在入居しているオフィスの原状回復費用

などなど、ちょっと数え上げるだけでもこれだけの初期費用が必要になってきます。
移転先の大きさ・家賃・どのような内装・設備にするかで費用も変わってきますが、オフィス移転の際は多額の初期費用がかかってくるはずです。

 

会社を移転するという事は大変な事なんです。もちろん、多額の費用がかかるから移転するのは止めた方がいいと言っているわけではありません。

 

業務上移転した方が絶対にいい、という事もありますからね。でも、移転する場合は少しでも賢くするようにして下さい。

オフィス

 

賢くする?どういう事かといえば、移転費用をいかに削減できるのか、という点です。

 

と言っても、これから新しく移転するのにアレもコレも削減していくというのもちょっと気分的にも嫌ですよね( 一一)せっかく新しいオフィスなのに。。。

 

ではどこで削減するのがいいのか?それは、
現在入居しているオフィスの原状回復費用の削減」です。

 

賃貸オフィスを移転する際は、退去時に「原状回復」を行い、借り主はオフィスを入居時の状態に戻さなければなりません。

 

床・クロス・壁の貼り替え、照明の交換、などなど。当然、原状回復工事にかかる費用は、オフィスの退去時に借主が負担しなければなりません。

 

賃貸オフィスの場合は、この原状回復費が莫大になり、借り主にはかなりの負担になっています。

 

また、基本的に原状回復する際は、借り主が原状回復を行う会社を選定できず、貸し主(ビルオーナーもしくは管理会社)の関係会社が行う事がほとんどです。

 

すなわち、借り主は何も言えない状況なんですよね。貸し主からの言い値を支払わなければならないというのが現状なんです。
でも、この原状回復費用を削減出来たらいいですよね。そんな事が出来るのか?それが可能な方法があるんです。

 

 

オフィス専門原状回復費削減サービス

 

スリーエー

 

原状回復費用を削減する事なんて出来ない、と思っている借り主の方が多くいると思うんですが、実際は費用削減する事が可能なんです(^^)/

 

それは、オフィス移転時の原状回復工事費用の削減交渉コンサルティングといったプロの方に任す事です。

 

コンサルティングの方たちはどういった事をしてくれるのか?

指定業者の出している見積もりの施工内容、不必要な工事項目、基準単価、代替工事案などを精査した後に減額交渉のサポートをしてもらい、原状回復工事費用の値下げ・適正化してもらう。

つまり、多く払いすぎる原状回復費用の削減が可能となるんです。ほとんどのケースで、高く支払いすぎているといった事があるみたいなんです。

 

知識がないとどうしても分からない事ですし、契約上仕方ないのかな…と、いい値を支払ってしまうケースが多いんです。その為、少しでも移転費用を削減するために一度プロの方に相談してみるのがいいと思います。

 

予想以上に原状回復費用が安くなるといった事もあり得ますよ(^^)
もちろん、貸し主と揉める・契約書上の違反をすることもなく穏便に交渉してもらえるので安心です。

 

オフィス移転をお考えの方は、原状回復費用の削減が出来るか、まず相談してみるといいでしょう。

 

 

≫原状回復費用削減の無料相談はコチラへ